2021年プロジェクトへの
申し込みは4月30日まで!!

服づくりの過程を一緒に楽しむ
1年間のプロジェクト

育てた種からできる服を身に着ける。過程を通じてものづくりを学ぶ。
日常ではなかなか意識することの難しい、原料から服への生産背景について。

服のたねは、自分でやってみることから知るというプロセスを大切にしています。
何でも身をもって体験することで、自然と興味を持つことができると考えているからです。

コットンが農作物であることや、紡績・織り・編みの機械がとても奥深いことなど、
さまざまな世界の広さに触れ、自分なりに関心を寄せることで日常に変化が現れ、毎日が少しでも彩られることを願って。

一緒に服のたねを育ててみませんか。


ABOUT


参加方法
1. ページ上部にある「参加する」より申し込み(決済)に進む
2. 決済完了後に運営から届くメールにてオンラインコミュニティに入会する
3. コミュニティ内でやりとりしながらコットンを育てましょう!

参加特典
・オンラインコミュニティへのご招待
・綿の育て方のお悩み相談
・限定の工場見学ツアーへご招待
※ツアーは現地集合、現地解散になります。
・服のデザイン会議へ参加
・今年度の綿でつくる国産スニーカー 1足

注意事項
・決済完了後に"LINE Open Chat"へのご招待リンクなどご案内のメールをお送りしますため、決済時のメールアドレスは連絡のとれるものをご記入ください。
・プロジェクト期間である12ヶ月間の途中で退会された方は、差額をお支払いされる場合のみ製品をお渡しいたします。
・工場見学ツアーは社会情勢により直接訪問ではなく、オンライン訪問になる可能性がございます


PARTNER


インターナショナルシューズ


1954年に創業した婦人靴工場。小さな工房から生み出されるクオリティの高い靴が評判を呼び、国内外のブランドから製造依頼が来るようになりました。
創業から今でも受け継がれている哲学は、変わりゆく時代の中でずっと長く愛される「いい靴をつくること」。

服のたね2021でつくるアイテムは「キャンバススニーカー」。
長年培われた老舗の経験と生分解性ソールという新しい技術を掛け合わせた
2021年らしい一足に仕上げる予定です。

LFCコンポスト


「LFCコンポスト」は、都市に住みながらも生ごみの堆肥づくりに取り組みたい人向けに開発された「バッグ型コンポスト」です。
長年の研究成果を反映した、悪臭や虫の発生しにくい、ベランダや家の中にそのまま置けるスタイリッシュな雰囲気が特徴です。

今回はそんなLFCコンポストに「服のたね特別セット」をご用意いただきました。コットンをより育てやすくするために、家庭で出た生ゴミからの堆肥づくりも一緒に楽しみましょう!

FARDEN BIO SOIL


植物性堆肥をベースとしたオリジナルの100%有機培養土

「FARDEN BIO SOIL」は化成肥料等を一切取り除き、微生物が生息しやすい環境をつくる為に特別配合した培養土です。
通気性、保水性、排水性、保肥力が優れ、ゆっくりと土壌環境を整えながら野菜・ハーブ・果樹等が健康的に育つのをサポートしてくれます。

服のたねには、綿を育てる際に必要な土を販売してくださるパートナーとして関わってくださっています。


SCHEDULE



PRODUCTS


ノーカラーシャツ − 服のたね2018(UNISEX)

¥15,400

オリーブスウェット − 服のたね2019(UNISEX)

¥22,000

HOST


ITONAMI / デニム兄弟
島田舜介・山脇耀平


2015年に立ち上げた「EVERY DENIM(エブリデニム)」から2020年にリニューアルしたデニムブランド 「ITONAMI」を運営しています。
アパレル事業としては、瀬戸内地域のデニム工場と連携し、オリジナル製品の企画販売。2019年には初の拠点、宿泊施設「DENIM HOSTEL float(デニムホステルフロート)」を岡山県倉敷市児島にオープン。泊まれるデニム屋、海の見えるホステルとして宿泊事業を展開しています。

エシカルファッションプランナー
鎌田安里紗


衣服の生産から廃棄の過程で、自然環境や社会への影響を意識する"エシカルファッション"に関する情報発信を積極的に行い、ファッションブランドとのコラボレーションでの製品企画、衣服の生産地を訪ねるスタディ・ツアーの企画などを行っている。一般社団法人unisteps共同代表。暮らしのちいさな実験室Little Life Lab主宰。